コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランスの暴動

1件 の用語解説(フランスの暴動の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

フランスの暴動

パリ北郊クリシースボワで昨年10月27日、警官の追跡から逃れようとしたアフリカ系の少年2人が変電所で感電死した。これが発端となり、暴動が拡大した。アフリカ系やアラブ系の移民が多い都市郊外を中心に、3週間で全国で約1万台の車が放火された。仏政府は非常事態法を発動し、一部で夜間外出を禁止する一方、移民への雇用差別解消を約束した。

(2006-10-28 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランスの暴動の関連キーワードメリリャオールボワールクリスピーシース北郊ポリシーシーソーポリシーモンパルナス墓地ワンピースボールペースボウラー

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone