コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランスの核実験

1件 の用語解説(フランスの核実験の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

フランスの核実験

フランスの民間研究機関「平和と紛争資料研究センター」によると、60~96年にアフリカサハラ砂漠にあるアルジェリアのレッガーヌとインエケル、仏領ポリネシアムルロア、ファンガタウファ両環礁で計210回の核実験を実施。うちポリネシアでは大気圏内核実験が46回、地下核実験が147回の計193回に及んだ。仏は98年、包括的核実験禁止条約(CTBT)を批准した。

(2009-06-24 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランスの核実験の関連キーワードCERN大原社会問題研究所ルフェーブルIFIASオスロ国際平和研究所フランスソワールマンデスフランスWIDERENA

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フランスの核実験の関連情報