コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランソア[サル] François de Sales

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランソア[サル]
François de Sales

[生]1567.8.21. サボア,サル
[没]1622.12.28. リヨン
フランスの貴族出身のカトリック聖職者。聖人。教会博士。 1580~88年パリのクレルモン学院,その後パドバ大学で学び,91年法学博士。帰郷し法律家の道に入ったが,93年アヌシイ司祭。 94~98年シャフレで宣教師,99年ジュネーブ司教補佐,1602年同司教。この間カルバン派の勢力下にあったこれらの地方の改宗に努力し教会の改革を推進しつつみずから教区を回って人々にわかりやすい言葉で語りかけ,霊的指導者,説教者として成功を収めた。 10年シャンタルの女子訪問修道会創立を助けた。主著『信心生活の入門』 Introduction à la vie dévote (1609) ,『神愛論』 Traité de l'amour de Dieu (16) 。 1923年著作者の保護聖人とされた。祝日は1月 29日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フランソア[サル]の関連キーワードモラレスオニール斎藤龍興パリッシー真田幸村岐阜城織田信長居館茶のしずくアレルギー問題織田信長と岐阜立花宗茂

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android