コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランソア[メイロンヌ] フランソア[メイロンヌ]François de Meyronnes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランソア[メイロンヌ]
François de Meyronnes

[生]?
[没]1328頃
フランス,プロバンス地方出身のフランシスコ会士,スコラ哲学者。ドゥンス・スコツスの高弟。最高照悟にして鋭敏なる博士 doctor illuminatissimus et acutusと呼ばれた。師の形相論を継承し,存在を本質の一様態とした。ダンテに反対して教皇の世界支配を主張。『命題集注解』のなかで当時地動説をとった学者がいたことを伝えている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フランソア[メイロンヌ]の関連キーワードバロア家バロア朝ゴンザーガ家アンドロニクス2世オッカム百年戦争フィリップ(6世)フランス史(年表)政治資金政党助成

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android