フランソア・ド・サール(読み)フランソアドサール

百科事典マイペディアの解説

フランソア・ド・サール

フランスの宗教家,聖人。ラテン名からサレジオSalesioとも呼ばれる。パリ,パドバで学んだのち,1602年ジュネーブ司教。シャンタルとともに1610年〈マリアの訪問修道女会〉を創設,霊的指導に尽くした。主著《神愛論》《信心生活入門》ほか。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android