コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリア Fria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリア
Fria

ギニア南西部の町。コナクリ北方約 100kmに位置。ボーキサイト鉱山町で,1954年鉱脈が発見され,独立前から欧米のアルミニウム企業の合弁会社が開発,アルミナ加工を開始し,60年から輸出。北西部のボケのボーキサイト開発までは外貨収入の 70%以上をになっていた。コナクリ港と鉄道で結ばれ,同国最大の技術訓練学校がある。人口3万 9700 (1983推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フリア(Fria)

ギニア西部の町。コンクレ川沿いに位置する。ボーキサイト鉱山があり、アルミナの生産が盛ん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフリアの言及

【ギニア】より

…正式名称=ギニア共和国République de Guinée面積=24万5857km2人口(1996)=690万人首都=コナクリConakry(日本との時差=-9時間)主要言語=フランス語,マリンケ語,フルフルデ語,スス語ほか通貨=シリSyli西アフリカの南西端に位置する共和国。国土の西部は大西洋に面しているが,北はギニア・ビサウ,セネガル,マリと,東はコートジボアールと,南はシエラレオネ,リベリアとそれぞれ国境を接している。…

※「フリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フリアの関連キーワードミッチェル(Margaret Mitchell)オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群マダム・フローレンス!夢見るふたりグレートディバイディング山脈サンティリャーナデルマルマリオ バルガス・リョサアシア[ローマ属州]フリオ エストラーダエドゥアルド七世公園ピーター モーガンバル・ヘブライオスバルガス・リョサアンチゴノス1世バルガス・リョサヒトスジシマカアスペンドゥスウゴ チャベスゴイティソーロゴイティソロ売られた花嫁

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フリアの関連情報