コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリッシュリーン Frischlin, Nikodemus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリッシュリーン
Frischlin, Nikodemus

[生]1547.9.22. バーリンゲン
[没]1590.11.29/30. ホーエンウーラハ要塞
ドイツの詩人,文献学者。後期人文主義者の一人。テュービンゲン大学に学び,詩学・歴史学教授。ルートウィヒ公に仕えたが,廷臣にねたまれ,ライバハに移り,その後テュービンゲンに帰ったが,またもや人々と紛争を起し,放浪。ついにホーエンウーラハ要塞に拘禁され,脱走を試みて死んだ。ラテン語による詩,戯曲を残し,ラテン語の学校劇とプロテスタントの民衆劇とを結合して,理知に富み,形式的にも洗練された戯曲をつくり上げようと試みた。代表作『レベッカ』 Rebecca (1576) ,『ズザンナ』 Susanna (78) ,『よみがえりしユリウス』 Julius redivivus (84) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フリッシュリーンの関連キーワード足利義晴フランソワHenryシュマルカルデン同盟モーリツ戸田康光セーターティラートフランソワヘンリーシャンボール城

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android