コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリースタイルスキー世界選手権

1件 の用語解説(フリースタイルスキー世界選手権の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

フリースタイルスキー世界選手権

こぶ斜面をスキーで滑る「モーグル」や、半円柱状の斜面を跳躍する「ハーフパイプ」など五つの種目がある。86年にフランスで初めて開催された。猪苗代大会は97年の長野に次ぎ、日本では2例目。07、08の両年が事前大会で、本大会は09年の予定。10年のバンクーバー(カナダ)五輪の選手選考も兼ねる。

(2008-01-14 朝日新聞 朝刊 福島中会 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フリースタイルスキー世界選手権の関連キーワードグラススキーローンスキーゲレンデスキーモーグルベアフットスキーアイゼンワンスキーツースキーデュアルモーグルエアターン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フリースタイルスキー世界選手権の関連情報