フリードリヒ(3世)(ザクセン選帝侯)(読み)ふりーどりひ(英語表記)Friedrich Ⅲ

  • 1463―1525
  • 3世
  • ザクセン選帝侯

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザクセン選帝侯(在位1486~1525)。賢公der Weiseとよばれる。人格高潔で識見も高く、ドイツ諸侯中で重きをなした。神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の死後、皇帝選挙で皇帝に推されたが辞退し、カール5世の選出を援助した。ウィッテンベルク大学を創設(1502)、ルター、メランヒトンを招き、その結果、同大学を宗教改革の拠点たらしめることになった。ルターの改革が起こると、顧問官シュパラティンの助言を受けて、保護の立場をとり、1521年ウォルムス国会でルターが帝国追放を宣せられると、彼をワルトブルク城にかくまった。宗教的にはカトリック信仰に厚く、聖遺物収集家として知られたが、死の直前、新教に改宗した。

[瀬原義生]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android