コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリードリヒ・アウグスト1世(3世) フリードリヒ・アウグストいっせい[さんせい]Friedrich August I(III)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリードリヒ・アウグスト1世(3世)
フリードリヒ・アウグストいっせい[さんせい]
Friedrich August I(III)

[生]1750.12.23. ドレスデン
[没]1827.5.31. ドレスデン
ザクセン選帝侯 (在位 1768~1806) ,ザクセン王 (在位 06~27) 。ザクセン選帝侯フリードリヒ・クリスチャンの子。父の死後,選帝侯を継ぎフリードリヒ・アウグスト3世を名のったが,対フランス同盟戦争に参加,イェナの戦いののち脱退し,1806年のライン同盟に加わって,ナポレオン1世により王号を与えられ,フリードリヒ・アウグスト1世となった。以後フランスと結び国力も伸長したが,13年ライプチヒの戦いで捕えられ,国土はロシア,プロシアの支配を受け,ウィーン会議では選帝侯時代以来の世襲領のほかはプロシアに奪われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フリードリヒ・アウグスト1世(3世)の関連キーワードフリードリヒ・アウグスト2世[ザクセン王]イェナ在位

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android