コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリードリヒ・カルル Friedrich Karl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリードリヒ・カルル
Friedrich Karl

[生]1828.3.20. ベルリン
[没]1885.6.15. ポツダム近郊クライングリーニッケ
ドイツ,プロシアの軍人。皇帝ウィルヘルム1世の甥。のちの陸相 A.ローンの指導で軍事教育を受け,1848年陸軍大尉,52年大佐,54年少将。 58年にフランスで軍事を研究,61年に騎兵大将となり,64年の対デンマーク戦を指揮。 66年のプロシア=オーストリア戦争時,ケーニヒグレーツの戦いで軍司令官として大勝を博し,70年の普仏戦争では,第2軍を率いて,A.バゼーヌをメッツに攻囲し降伏させて陸軍元帥となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フリードリヒ・カルルの関連キーワードゴルツ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android