コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリードリヒ・ウィルヘルム[3世] Friedrich Wilhelm III

世界大百科事典 第2版の解説

フリードリヒ・ウィルヘルム[3世]【Friedrich Wilhelm III】

1770‐1840
プロイセン王。在位1797‐1840年。同2世の子。性格は積極性に欠け,つねに慎重な保守主義を指針とした。プロイセン改革や解放戦争に当たっては新時代の精神を追認したが,それを理解したわけではなく,幾度も憲法発布を約束しながら実行しなかった。ウィーン会議後は〈神聖同盟〉の信奉者として自由と統一の運動を弾圧している。【坂井 栄八郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフリードリヒ・ウィルヘルム[3世]の言及

【プロイセン】より

… これ以後,プロイセン公国は,ホーエンツォレルン家のもとに,同君連合のかたちで,歴代のブランデンブルク選帝侯の支配をうけるが,プロイセンに対するポーランドの宗主権はなおも存続した。ようやく〈大選帝侯〉フリードリヒ・ウィルヘルム(在位1640‐88)のとき,スウェーデン・ポーランド間の戦争(1655‐60)に乗じて,ブランデンブルクはポーランドからプロイセン公国における完全な主権を獲得し(1657),1660年のオリバOliva和約でこの主権はスウェーデン・ポーランド両国により承認された。 プロイセン公国でも,ブランデンブルクにおけると同様,16世紀以来ユンカー(地方貴族)の農奴制的な直営地経営(グーツヘルシャフト)が発展していた。…

※「フリードリヒ・ウィルヘルム[3世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フリードリヒ・ウィルヘルム[3世]の関連キーワードフリードリヒ・ウィルヘルム3世オセアニア史(年表)フリードリヒ・ウィルヘルム3世アヘン戦争シュティフターレールモントフチェルシー磁器ノースクルーゼンシュテルンクルーゼンシュテルン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android