コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレスコ壁画

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

フレスコ壁画

ヨーロッパ中世後期からルネサンスを中心に、フレスコと呼ばれる手法で描かれた壁画サン・フランチェスコ聖堂(イタリア)にあるジョットの壁画やシスティナ礼拝堂(バチカン)にあるミケランジェロの「最後の審判」などが知られる。壁に漆喰(しっくい)(水酸化カルシウム)を塗り、乾くまでの約8時間のうちに顔料を水で溶いたもので絵を描く。漆喰は乾燥すると固い炭酸カルシウムに化学変化するので、絵は中に閉じ込められ耐久性が高い。しかし建造物一心同体のため、近年イタリアなどでその保存と修復が問題になっている。高松塚古墳キトラ古墳の壁画も、漆喰に描いている点では共通している。

(2013-12-06 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

フレスコ壁画の関連キーワードトゥーラ(Cosme (Cosimo) Tura)藤田嗣治(ふじたつぐはる)ホセ・クレメンテ オロスコサン・クレメンテ聖堂クーヘ・ホージャ遺跡オーバーアマーガウアクロティリ遺跡ビザンティン美術ロマネスク美術キリスト教美術聖ソフィア寺院タルクイニアベロネーゼボクシングカルトンオロスコ田中岑

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フレスコ壁画の関連情報