コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレデリック・ヘンドリック Frederik Hendrik

世界大百科事典 第2版の解説

フレデリック・ヘンドリック【Frederik Hendrik】

1584‐1647
オランダの総督ウィレム1世の末子で,ナッサウ伯,オラニエ公。異母兄のマウリッツのもとで軍人としての教育をうけ,数学を基礎にした合理的な軍隊の編制を手がける。1600年のニウポールトの戦を皮切りに各地でスペイン軍と戦った。1625年にオランダ共和国軍の最高司令官に就任し,マウリッツの死とともにその後継者として総督の地位につく。そして直ちに,スペイン軍に占領されている都市の奪回に着手し,スヘルトヘンボス,マーストリヒト,ルールモント,ブレダなどの重要な都市を次々と奪いかえし,〈都市の征服者〉という異名をとった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフレデリック・ヘンドリックの言及

【オラニエ=ナッサウ家】より

…ウィレム1世は若くしてドイツ皇帝カール5世の側近として将来を期待されたが,のちにオランダ共和国独立の指導者となり,オランダ諸州の総督に就任し,建国の父として記憶される。ウィレムが暗殺されると,その子マウリッツさらに弟フレデリック・ヘンドリックが総督職を継ぎ,対スペイン独立戦争を指導した。17世紀中葉,オランダの国力,経済,文化は絶頂に達し,オラニエ=ナッサウ家はヨーロッパ諸国の王室,大貴族と姻戚関係を結び,ハーグにある総督官邸は宮廷のような栄光につつまれた。…

【オランダ共和国】より

…1618年,総督マウリッツはクーデタを起こし,30年以上共和国を導いた議会派の指導者オルデンバルネフェルトを逮捕し,翌年処刑した。 マウリッツのあとを継いだ総督フレデリック・ヘンドリックも優れた武人で,21年再開された対スペイン戦争を優勢に展開し,北ブラバント,リンブルフ両州を共和国領に加え,35年にはフランスと攻守同盟を結んでスペイン領南ネーデルラントを脅かした。
[黄金時代の経済と文化]
 オランダはウェストファリア条約でスペインと和を講じ,諸列強からその独立を承認され,経済的繁栄の絶頂期と文化の黄金時代を迎えた。…

※「フレデリック・ヘンドリック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

フレデリック・ヘンドリックの関連キーワードオラニエ・ナッサウ家P.J. ブロックオランダ総督オランダ史1月29日ウィレムブロック

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android