コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレリックス Frerichs, Friedrich Theodor von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレリックス
Frerichs, Friedrich Theodor von

[生]1819.3.24. エムデン,アウリック
[没]1885.3.14. ベルリン
ドイツの病理学者。 1841年にゲッティンゲン大学で学位を得,48年に同大学教授。キール,ブレスラウ両大学教授を経て 59年から没年までベルリン大学教授。生徒に P.エールリヒがいる。肝臓病の研究で業績が多く,急性黄色肝萎縮では,患者の尿からロイシンチロシンの現れることを報告した。腎臓の病気ブライト病や糖尿病の研究があり,尿毒症の原因についても論及している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フレリックスの関連キーワードゲッティンゲン大学病理学者ベルリンキール没年

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android