コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレンチ・インディアン戦争 フレンチインディアンせんそうFrench and Indian War

世界大百科事典 第2版の解説

フレンチインディアンせんそう【フレンチ・インディアン戦争 French and Indian War】

1755‐63年,北アメリカ大陸の領土支配をめぐって,英仏両国がそれぞれの植民地とインディアンをまきこんで戦った最後の英仏植民地戦争。ヨーロッパにおける七年戦争の北アメリカ大陸版といえる。フランス側は,セント・ローレンス川と五大湖からオハイオ川流域を経てミシシッピ川河口につながる毛皮交易路の確保と拡大をはかり,一方,イギリス側は,アレゲニー山脈を越えてオハイオ川流域へ農業地を拡大しようとした。比喩的にいえば,点(交易所)をつなぐ線(水路)で半弧状にイギリス植民地を包囲したフランス植民地と,これを面(農業地)の拡大によってのみこもうとしたイギリス勢力とが,オハイオ川流域で衝突して起こった重商主義戦争で,これにこの地方のインディアン諸部族がまきこまれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフレンチ・インディアン戦争の言及

【アメリカ】より

…また34年にはメリーランド植民地が開かれた。イギリス人は,カナダからミシシッピ流域地方に進出していたフランス人と対立するにいたり,七年戦争の始まる1年前から,原住民諸部族と連合したフランス軍と交戦状態に入った(フレンチ・インディアン戦争)。そして1761年モントリオールを攻略し,七年戦争末のパリ条約において,カナダからフロリダに至る広大な領土を手に入れ,北アメリカのフランス勢力を完全に駆逐することに成功した。…

【カナダ】より

…本国同士の争いは直ちに植民地におけるそれに発展し,1713年にはアン女王戦争の結果のユトレヒト条約で,ニューファンドランド,ハドソン湾岸のほか,ノバ・スコシアを中心とするアカディア地方が正式にイギリス領と認められた。英仏植民地戦争の最大にして最後のものが,54年に始まったフレンチ・インディアン戦争である。ヨーロッパにおける七年戦争と呼応したこの北アメリカ大陸の戦闘でも,フランスは敗北を喫し,63年,フランスは東端の小さな二つの島およびミシシッピ川以西を除く北アメリカの全領土をイギリスに譲渡することになった。…

※「フレンチ・インディアン戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フレンチ・インディアン戦争の関連キーワードヤンキー・ドゥードル総合年表(アメリカ)ロングフェローエバンジェリンオールバニーモンカルムアマーストワシントンケベック法ウルフ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android