コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フントのカップリング形式 Hund coupling cases

法則の辞典の解説

フントのカップリング形式【Hund coupling cases】

フント(F. Hund)が1933年に,分子に関する角運動量の結合の形式を以下の五つに分類した.電子の軌道角運動量L,スピン角運動量を S,分子の回転角運動量を O,分子軸方向の単位ベクトルを A,スピン以外の角運動量の合成を N として,これらの間のカップリングの強さを分類したのが,フントのカップリング形式である.

第一形式:LS がそれぞれ A と強く結合する場合

第二形式:LA と結合するが,SAO とを合成した N と結合する場合

第三形式:LS の結合が最も強く,その合成が A と結合する場合

第四形式:LO とが強く結合し,その合成に S が結合する場合

第五形式:LS とが強く結合し,その合成が分子軸には結合せず O に結合する場合.

この分類は理想的なケースなので,実際の分子については,これらの中間的な状態にある.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

フントのカップリング形式の関連キーワード呼応晩年伊豆の踊子丹下左膳ガボールガルモ[山]シュナーベルベーテ谷崎潤一郎ディクソン

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone