ブカ島(読み)ブカトウ

デジタル大辞泉の解説

ブカ‐とう〔‐タウ〕【ブカ島】

Buka Island》パプアニューギニア東部の島。ブーゲンビル島の北に位置し、狭い水道で隔てられる。主な町は南部のフチェナとソハナ。第二次大戦中、日本軍が飛行場を建設した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブカ島
ぶかとう
Buka Island

パプア・ニューギニア東端、ブーゲンビル島の北に、幅わずか750メートルのブカ水道を隔てて隣接する島。自然地理的にはソロモン諸島の一部。面積800平方キロメートル、人口3万6567(1980)。中心地はブカ水道に面したフチェナHutjenaおよびソハノSohano。主要作物はサツマイモ、ココア、ココヤシ[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android