コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブクリョウ(茯苓) ブクリョウPoria cocos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブクリョウ(茯苓)
ブクリョウ
Poria cocos

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。一名マツホド (松塊芋) 。古くから地下約 10~30cmのアカマツクロマツに生じる菌核として知られ,漢方薬に使用されていた。形は亜球形ないし楕円形で,長さ 30cm以上,重さ 1kgに及ぶものもまれではない。表面はしばしば根の皮をかぶることもあるが,褐色ないし黒赤褐色で,あらい皺がある。内部は白色でやや淡紅色を帯び,チーズ状。表層菌糸に富む。乾くと白く硬くなる。日本全土,北アメリカ,中国に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブクリョウ(茯苓)の関連キーワードキノコ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android