コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブグルスラン Buguruslan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブグルスラン
Buguruslan

ロシア西部,オレンブルグ州の都市。州都オレンブルグの北西約 364kmにあり,サマーラ川支流大キネリ川にのぞむ。ボルガ=ウラル油田の採油中心地の一つである。 1748年に建設されたが,市の発展は 1937年石油開発が始ってからで,60年代に著しく石油生産量がふえた。ほかに製粉,自動車部品製造などの工業がある。サマーラとウファを結ぶ鉄道が通る。人口5万 4100 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android