コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブズルガン油田 ブズルガンゆでんBuzurgan oil field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブズルガン油田
ブズルガンゆでん
Buzurgan oil field

フランスの国営石油会社 SNEAと日本イラク石油開発がイラク国営石油会社 INOCとの請負契約に基づきアブギラブ油田とともに共同開発した油田。確認埋蔵量 28億バーレル (1バーレルは約 159l) 。 1969年 SNEAが発見し,73年日本イラクが参加,75年から開発段階に入った。その後ペルシア湾のファオ港まで 293kmのパイプライン (最終能力 22万バーレル/日) が敷設され,76年 12月に生産開始。ブズルガン原油はアブギラブ原油とともにバスラヘビーという名称で輸出されている。性状は API比重 24度,硫黄分 3.74重量%。 (→フォーキ油田 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブズルガン油田の関連キーワードフォーキ油田トタル

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android