ブズルガン油田(読み)ブズルガンゆでん(英語表記)Buzurgan oil field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブズルガン油田
ブズルガンゆでん
Buzurgan oil field

フランスの国営石油会社 SNEAと日本イラク石油開発がイラク国営石油会社 INOCとの請負契約に基づきアブギラブ油田とともに共同開発した油田。確認埋蔵量 28億バーレル (1バーレルは約 159l) 。 1969年 SNEAが発見し,73年日本イラクが参加,75年から開発段階に入った。その後ペルシア湾のファオ港まで 293kmのパイプライン (最終能力 22万バーレル/日) が敷設され,76年 12月に生産開始。ブズルガン原油はアブギラブ原油とともにバスラヘビーという名称で輸出されている。性状は API比重 24度,硫黄分 3.74重量%。 (→フォーキ油田 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android