コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッダの菩提樹(ぼだいじゅ)

1件 の用語解説(ブッダの菩提樹(ぼだいじゅ)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ブッダの菩提樹(ぼだいじゅ)

紀元前5、6世紀ごろ、ブッダが現在のブッダガヤ菩提樹の下で瞑想(めいそう)しているときに、悟りを開いた。紀元前3世紀、仏教を信仰したアショカ王の王女が、スリランカ中北部のアヌラダプラに若木を移植した。マハーボーディ寺院によると、1880年ごろ暴風雨で倒壊。アヌラダプラから若木を運び、再移植したのが現在の木とされる。

(2007-07-24 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブッダの菩提樹(ぼだいじゅ)の関連キーワード仏陀紀元前気ぶっせい釈迦如来スタイルブック仏陀伽耶アマサス仏餉仏駄跋陀羅ぶっちゃけ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone