コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッダの菩提樹(ぼだいじゅ)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ブッダの菩提樹(ぼだいじゅ)

紀元前5、6世紀ごろ、ブッダが現在のブッダガヤの菩提樹の下で瞑想(めいそう)しているときに、悟りを開いた。紀元前3世紀、仏教を信仰したアショカ王の王女が、スリランカ中北部のアヌラダプラに若木を移植した。マハーボーディ寺院によると、1880年ごろ暴風雨で倒壊。アヌラダプラから若木を運び、再移植したのが現在の木とされる。

(2007-07-24 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報