コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッフ岩 ブッフがん buchite

1件 の用語解説(ブッフ岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ブッフ岩

火成岩の接触部または包有物として産出するガラス化した砂岩に付けられたが[Möhl : 1876],その後,接触によるガラス化した千枚岩に拡張され[Flett : 1908],さらにAl質粘土のガラス化した包有物を呼ぶようになった[Thomas : 1922].おそらくフォン・ブッフを記念して命名されたもの[Tomkeieff : 1940].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブッフ岩の関連キーワード整合的エキソコンタクトエンドコンタクトフェリゼーション塩基性包有物外来包有物混生包有物同源包有物接触角礫岩アウイン角閃岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone