コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブハラ・ハーン国 ブハラハーンこく

世界大百科事典 第2版の解説

ブハラハーンこく【ブハラ・ハーン国】

ウズベク族が中央アジアに建設したスンナ派イスラム国家。シャイバーニー朝(1500‐99),ジャーンJān朝(アストラハン朝ともいう。1599‐1785),マンギットMangit朝(1753‐1920。ただし1740年にはアストラハン朝から実権を奪っていた)は,いずれも主としてブハラを首都としたため,合わせてブハラ・ハーンBukhārā Khan国と呼ぶ。16世紀後半のように,国力が充実して産業の栄えた時期もあったが,イランに成立したシーア派のサファビー朝によって,イスラムの中心地である西アジアから切り離された形となり,近隣のカザフ族,ヒバ・ハーン国ホーカンド・ハーン国等との争いや,国内の封建的細分化に悩まされて,国勢は概して振るわなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のブハラ・ハーン国の言及

【ウズベキスタン】より

ヒバ・ハーン国では18年トルクメンのジュナイド・ハーンが独裁をしき,ウズベク農民を抑圧していたが,革命によって20年4月ホラズム人民ソビエト共和国が成立,23年10月に社会主義共和国となった。ブハラ・ハーン国でも20年夏の革命によって青年ブハラ党が政権をとり,10月にブハラ人民ソビエト共和国,24年9月ブハラ・ソビエト社会主義共和国となった。そして同年10月,トルキスタン,ホラズム,ブハラ3共和国の領域の民族的境界画定によってトルクメン・ソビエト社会主義共和国とともにウズベク・ソビエト社会主義共和国が成立する。…

【ウズベク族】より

…彼らは,アブー・アルハイルの孫シャイバーニー・ハーンのときに,マー・ワラー・アンナフルやホラーサーンの定住地域に侵攻し,1507年にはティムール朝を滅ぼす。これがシャイバーニー朝で,その後,ジャーン朝(アストラハン朝),マンギット朝と,ブハラを中心とした王朝が続いたため,これらを総称してブハラ・ハーン国と呼ぶ。また別の一派は,16世紀初頭ホラズムにヒバ・ハーン国を建設し,18世紀初頭には,フェルガナを中心にホーカンド・ハーン国が建国された。…

【タジキスタン】より

…タジク人には,ムスリム(イスラム教徒)が多い。
[歴史]
 タジキスタンは1929年までウズベク(現,ウズベキスタン)共和国の一部であったので,概説的な叙述の重複を避けるため,ここでは共和国の領域の大部分を占めていたブハラ・ハーン国を中心として述べることとし,それ以前については〈タジク族〉,革命前後については〈ウズベキスタン〉の項目を参照されたい。 1865年,南下してきたロシア軍は,中央アジアの中心都市タシケントを占領,66年タジキスタン北部のホジェント(のちレニナバード,現フジャンド)とウラ・チュベをおとした。…

※「ブハラ・ハーン国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブハラ・ハーン国の関連キーワードシビル・ハーン国ブハラ歴史地区ウズベク[人]チャガタイ語アッバース朝ティムール朝トルキスタンコーカンドアイニー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android