ブライアン メイ(英語表記)Brian May

現代外国人名録2012の解説

ブライアン メイ
Brian May


国籍
英国

専門
ロック・ギタリスト

本名
ブライアン・ハロルド メイ

グループ名
グループ名=クイーン〈Queen〉

生年月日
1947/7/19

出生地
英国 ミドルセックス州トウィックナム

学歴
インペリアル大学卒

経歴
7歳でギターを弾き始める。1984年スマイルを経て、’71年ボーカルのフレディ・マーキュリー、ドラムのロジャー・テイラー、ベースのジョン・ディーコンとクイーンを結成。’73年シングル「Keep Yourself」でデビュー。’74年「キラー・クイーン」のヒット、’75年4月の日本公演で人気に火が付き、同年6分に及ぶ大作「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットで世界的なトップ・グループの座を獲得。グループの華麗で斬新なサウンドの要として活躍し、エキセントリックな早弾きギター・プレイは多くのファンを持つ。’83年以来、若手バンドのプロデュースや、他のミュージシャンとのセッションなどにも活躍。’91年フレディがエイズで死亡し、グループの活動は停止。以後、ソロアルバムやソロバンド名義のライブアルバムを発表。’95年にフレディの残したボーカルを基にアルバム「メイド・イン・ヘブン」を発売。’97年3人でシングルを発売後、ジョン・ディーコンが引退。’99年フレディの死後初となる3作目のベスト盤「グレイテスト・ヒッツIII―フレディ・マーキュリーに捧ぐ」を発表。2000年には日本限定のベスト盤「QUEEN IN VISION」を発表、オリコン洋楽チャートで1位となる。2001年米国でロックンロール名誉の殿堂入り。2004年木村拓哉主演のテレビドラマ「プライド」に「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」が起用されクイーン人気が再燃し、ベストアルバム「ジュエルズ」は150万枚のセールスを記録。2004年バッド・カンパニーなどで活躍したポール・ロジャースをボーカルに迎え、“クイーン+ポール・ロジャース”として活動を開始、2005年20年ぶりの日本公演も行う。2011年結成40周年を記念した展覧会「クイーン展」が英国で開催。他のアルバムに「ザ・コスモス・ロックス」など。アルバム売上げ総枚数は全世界で1億7000万枚を超える。2007年母校のインペリアル・カレッジに天文学の博士論文「黄道のちり雲における視線速度」を提出した。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

ブライアン メイ

生年月日:1947年7月19日
イギリスのギタリスト

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブライアン メイの関連情報