コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブライザハ Breisach

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブライザハ
Breisach

ドイツ南西部,バーデンウュルテンベルク州の町。フライブルク西方のライン川沿いに位置する。対岸はフランス,オーラン県ヌーブリザハ。第2次世界大戦で大部分破壊されたが再建。繊維,電気製品を製造し,ワイン,農産物を集散する。カエサルの時代にはモンスブリシアクスと呼ばれ,369年皇帝ウァレンチニアヌス1世により城塞化された。中世を通じて軍事的に枢要の地を占め,領有はしばしば変り,一時は「ドイツ帝国の鍵」ともいわれた。人口1万 616 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブライザハの関連キーワードションガウアー

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android