コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラシカビ ブラシカビCoemansia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラシカビ
Coemansia

藻菌類接合菌類ケカビ目キックセラ科の1属。この属には 10種以上の記載がある。いずれも森林下の土壌などから分離されている。よく伸長したものでは菌体が数 cmの長さになり,多少分岐して黄色を呈するので肉眼でよく発見できる。このカビの著しい特徴として菌糸の頂端および側枝の先端にスポロクラディア sporocladiaと称する板状の細胞が舟形に集って生じる小体をつけ,その1側面に細長い胞子嚢を密生する。この胞子嚢内には単一の胞子を生じ,胞子は胞子嚢から逸出することなく,そのまま菌体から離脱する。したがって各胞子は,胞子細胞自体の膜と胞子嚢膜との2層の膜をかぶっている。ブラシカビの名はスポロクラディア上に胞子嚢が密生した形状がブラシを想起させることに基づく。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone