コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラジルの大敗

1件 の用語解説(ブラジルの大敗の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ブラジルの大敗

7月8日にブラジル・ベロオリゾンテで行われたW杯準決勝のドイツ戦で、ブラジルが1―7の歴史的大敗を喫した。エースのFWネイマールと主将のDFチアゴシウバを欠いたブラジルは、前半11分に先取点を許すと、同23分~29分の6分間に4点を奪われた。後半にも2失点。全20回に出場してきたW杯で最多となる7失点を喫した。競技場名がミネイランだったことから、地元では「ミネイランの恥」などと報じられた。

(2014-08-26 朝日新聞 夕刊 スポーツ1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラジルの大敗の関連キーワードクビチェックセテラゴアスディアマンティナテオフィロオトニノバリマベロオリゾンテミナスジェライス州モンテスクラロスミナスジェライスベロ・オリゾンテ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラジルの大敗の関連情報