コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラックヘッドハウス

デジタル大辞泉の解説

ブラックヘッド‐ハウス

House of the Blackheads/Melngalvju Nams》ラトビアの首都リガの旧市街にある14世紀に建造されたゴシック様式の建物。「ブラックヘッド」とは、中世におけるバルト海沿岸諸都市の貿易商人のうち、独身男性で構成された集まりのことで、パーティーやコンサートのホールとして使われた。1941年、ドイツ軍の空襲で破壊されたが、2000年に再建された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android