コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラック・コード Black Code

世界大百科事典 第2版の解説

ブラック・コード【Black Code】

南北戦争後のアメリカで制定された黒人規制法。旧アメリカ南部連合諸州において,奴隷解放後の混乱への南部側の対応として,解放奴隷社会的地位を策定すべく1865年から66年にかけて制定された。規制の内容は多様であるが,浮浪者取締法徒弟法によって黒人を旧主人のもとでの労働に縛りつけ,移動の自由や職業選択の自由を規制し,投票権を与えず,法廷での証言や財産の所有権に厳しい制限を課した。また白人との通婚は厳しく禁じられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブラック・コードの関連キーワードジム・クロー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android