コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラフマ・サマージ Brāhma Samāj

1件 の用語解説(ブラフマ・サマージの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブラフマ・サマージ【Brāhma Samāj】

近代インドの宗教・社会改革運動に最も重要な役割を果たした宗教団体。1828年R.M.ローイカルカッタにブラフマ・サバーを結成した時点をもって,ブラフマ・サマージの創設とみなすのが通説である。唯一・無形・遍在の神を礼拝し,偶像崇拝を排し,普遍的信仰を標榜するブラフマ・サバーの活動は,ローイの渡英(1830年末)以降振るわず,43年タゴールDevendranāth Tagore(1817‐1905)が20名の青年を率いて入門儀礼を受けることによって復活した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブラフマ・サマージの関連キーワード演劇改良運動近代主義バラモン教洋務運動アンベードカル基柱クラナッハヒンズー教ブラフマサマージMRA運動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone