ブランケンブルク(読み)ぶらんけんぶるく(英語表記)Wolfgang Blankenburg

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブランケンブルク(Wolfgang Blankenburg)
ぶらんけんぶるく
Wolfgang Blankenburg
(1928―2002)

ドイツの精神病理学者。代表的な現象学的精神病理学者の一人。ブレーメンに生まれ、1947年フライブルク大学文学部に入学。ハイデッガーらに師事して哲学を学んだ後に医学部に移り、精神医学に転じた。1968年ハイデルベルク大学に移り、ヤスパース、クルト・シュナイダーKurt Schneider(1887―1967)の流れをくむハイデルベルク学派の精神病理学の伝統を受け継ぎ、1979年からはマールブルク大学精神科教授を務めた。
 ビンスバンガーの現存在分析を継承して、哲学的素養を生かしてより積極的にフッサールの現象学やハイデッガーの存在論を取り込んだブランケンブルクは、統合失調症を中心とする現象学的研究のリーダー格として活躍した。それまでの研究が陽性症状(妄想、幻覚のこと。自我障害)に重きをおくものであったのに対して、代表作『自明性の喪失』Der Verlust der natrlichen Selbstverstndlichkeit(1971)において、スイスの精神病理学者ビュルシュJakob Wyrsch(1892―1980)にならって単純型(症状の少ない)統合失調症を対象とし、「自分にはあたりまえのこと(自明性)が欠けている」と悩む患者の内省のなかに、統合失調症の基礎障害を正確に描出しようとした。
 世界との関係、時間の成立(時熟)、自己の成立(自立)、他者との関係(間主観性)といった各方面からのアプローチは精緻(せいち)を極め、患者が「慣れ親しんだ世界」からいかに疎外されているかを「超越論的構成」(フッサール)の不全として描いて余すところがない。彼の業績は早くから木村敏(きむらびん)によって日本に紹介され、1970年代の精神病理学のベル・エポックの花形として、とくに日本では大きな影響力をもった。[大饗広之]
『木村敏・岡本進・島弘嗣訳『自明性の喪失――分裂病の現象学』(1978・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android