コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラームス:ピアノソナタ 第2番 嬰ヘ短調/piano solo Sonate für Klavier Nr.2 fis-Moll

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ブラームス:ピアノソナタ 第2番 嬰ヘ短調/piano solo

第1曲のソナタより以前の、1852年11月にハンブルクで完成された作品。ブラームスが19歳のときにかかれたもので、ハイドン、モーツァルト、ベートーベンからの影響が濃くみられる。表現内容の振幅が激しく、 ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

ブラームス:ピアノソナタ 第2番 嬰ヘ短調/piano soloの関連キーワードノット(速さの単位)ブンゼンペリー(Matthew Calbraith Perry)アルムクビストエッケルトガビンズコンドルシーボルトシュマッケルディッセ

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android