コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラーンプル Burhānpur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラーンプル
Burhānpur

インド中部,マディヤプラデーシュ州南西部にある都市。インドール南南東約 150km,サトプラ山脈南麓,タプティ河岸に位置。 1400年にファルキー朝の王都として建設され,1599年ムガル帝国に併合されたが,デカン高原における行政中心地として,1636年アウランガーバードにその地位を譲るまで繁栄。マラータ同盟の支配を経て,1861年からイギリス領。城壁に囲まれ,ファルキー朝時代の城塞,宮殿,大モスクなどが残る。ムガル時代の伝統を継ぐ絹の綾織物,金糸,銀糸の刺繍などが家内工業として残るが,現在は絹織物綿紡績などの工業が中心である。人口 17万 2809 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android