コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルグンド ブルグンド

大辞林 第三版の解説

ブルグンド

東ゲルマンの一部族。ライン川中流域にブルグンド王国(413~437)を建国。フン族に滅ぼされたあとローヌ・ソーヌ地方に王国(443~534)を再興。 → ニーベルンゲンの歌

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブルグンドの関連キーワードジギスムント[ブルグンド]フランコ=プロバンス語ウァレンチニアヌス1世オットー1世(大帝)シャロンシュルソーヌブルグンドローマ人法ニーベルンゲンの歌アラリック(2世)フゴ[クリュニー]ベレンガーリョ1世テオドリック王告示ユーグ[アルル]カルル・マルテルコンラート2世ブルグンド王国クロタール1世ハインリヒ6世ウェルフェン家アウストラシアアーデルハイト

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android