コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルンジ内戦 ぶるんじないせん

2件 の用語解説(ブルンジ内戦の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ブルンジ内戦

1994年10月にツチ族、フツ族穏健派の連合政権が発足したが、96年7月25日、ツチ族主体の国軍がクーデターを起こし、ブヨヤ元大統領を長とする軍事政権が成立した。このクーデターに対し、ガリ国連事務総長(当時)は武力による政権交代を認めないと声明、国連安保理もそれに同調した。8月初めタンザニアケニアウガンダルワンダ経済制裁を発動し、これによりブヨヤ軍事政権は窮地に追い込まれた。99年10月に死去したニエレレ元大統領に代わって、同年12月マンデラ南アフリカ共和国大統領が仲介役に就任。2000年8〜9月、ブルンジ和平会議がタンザニアのアルーシャで開かれ、和平が合意された(アルーシャ合意)。しかし暫定政府の構成をめぐり対立、合意は崩壊した。01年7月、マンデラはツチ族とフツ族からそれぞれ大統領、副大統領を出すという新提案を提示、19代表のうち14代表が調印したものの、反対派の戦闘は続いた。03年11月、国内最大の反政府勢力「民主防衛軍」(FDD)が和平に合意したが、いまだ完全な停戦には至っていない。04年5月、国連安保理は5650人の平和維持軍(ONUB)の派遣を決議、7月に派遣された。05年7月、総選挙が実施され、フツ系の民主防衛国民会議・民主防衛軍(CNDD‐FDD)が勝利。同年8月、ブルンジ議会は、同党党首ピエール・ヌクルンジザを大統領に選出した。

(林晃史 敬愛大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ブルンジ内戦

93年、多数派フツ族出身の大統領暗殺をきっかけに内戦が始まった。翌年、大虐殺が起きたルワンダからフツ難民20万人が流入し紛争は激化。00年の和平協定成立で、フツ、ツチ合同の暫定政府ができたが、フツ系反政府勢力のうち「解放国民軍」は現在も武装解除していない。内戦の死者は推定30万人。内戦の遺児は計84万人。

(2007-01-08 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルンジ内戦の関連キーワード土佐光親ルワンダルワンダ大虐殺ルワンダ内戦ルワンダ国際戦争犯罪法廷穏健ルワンダ虐殺ルワンダ紛争ルワンダ内戦とフランスルワンダと民族紛争

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone