ブルートゥス(Marcus Iunius (Junius) Brutus)(読み)ぶるーとぅす(英語表記)Marcus Iunius (Junius) Brutus

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルートゥス(Marcus Iunius (Junius) Brutus)
ぶるーとぅす
Marcus Iunius (Junius) Brutus
(前85―前42)

英語ではブルータス。古代ローマ共和政末期の政治家。カエサル暗殺の首謀者。名門の出。カトー(小)の甥(おい)にあたる。母セルウィリアはカエサルの愛人として有名。カトー(小)の下で教育を受け、ストア主義を信奉する。紀元前58年から前56年にかけてカトー(小)とともにキプロスで活躍し、前53年には財務官としてキリキアに赴いた。前49年からの内乱においては、ポンペイウス側についてカエサルと戦ったが、ファルサロスの戦い後許されて、その後はカエサルに重用され、諸官職を歴任した。その間キケロとも親交を結び、カトー(小)をたたえる「小カトー論」で共和政的理念を鼓吹し、彼の娘をめとった(再婚、前45)。前44年には法務官に任ぜられたが、共和政の伝統護持のためカエサル除去の決意を固め、前44年3月15日のカエサル暗殺には指導的な役割を果たした。しかしその後はカッシウスとともにローマを追われて東方に赴き、マケドニアで勢力を培った。ついでカッシウスと結んでアントニウス‐オクタウィアヌス(アウグストゥス)連合軍とフィリッピで戦ったが、その第2回目の戦闘(前42年11月)に敗れて、自殺した。

 ストア理念の体認者である彼は、高潔な人柄で知られ、同時代人にも後世の人にも大きな影響を与えた。第一級の雄弁家・文章家としても知られる。

[長谷川博隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android