コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーノ[ケルン] Bruno von Köln

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルーノ[ケルン]
Bruno von Köln

[生]1030頃.ケルン
[没]1101.10.6. ラトーレ
ドイツのカトリック聖職者。聖人。カルトゥジオ修道会創立者。ケルンとランス,さらにツールのベレンガリウスのもとで学び,ケルンで司祭となった。 1057年ランスの聖堂付き学院長。新大司教の悪行を告発し,76年逃亡。 80年教皇から内示されたランス大司教位を辞し,84年6人の同志とグルノーブル近郊の山中にカルトゥジオ修道会を創立。 90年かつての弟子であった教皇ウルバヌス2世からローマに呼ばれ,レッジオ大司教位を与えられたがこれも断り,カラブリアのラトーレの荒野に新修道院を創建。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブルーノ[ケルン]の関連キーワードコンピュータにおける数値の表現藤原師実ウェルフ4世藤原師実メルシャンカルトゥジア会シャルトルーズ修道院B判マフムードマフムード

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android