ブルーノ・タウト

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1880~1938。ドイツで前衛的な建築作品を発表したが、ナチス迫害を逃れ、33年に来日。36年まで滞在した。桂離宮伊勢神宮白川郷の合掌造り集落などを著書「日本美の再発見」で称賛した。来日前に手がけた集合住宅は、世界遺産に登録されている。

(2017-02-24 朝日新聞 朝刊 奈良1・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルーノ・タウトの関連情報