コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーンス ブルーンス Bruhns, Nicolaus

2件 の用語解説(ブルーンスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルーンス
ブルーンス
Bruhns, Nicolaus

[生]1665. シュワープシュテット
[没]1697.3.29. フーズム
ドイツオルガン奏者,作曲家。 D.ブクステフーデに師事,コペンハーゲンの教会オルガン奏者を経て,1689年フーズムの大聖堂オルガン奏者となる。バイオリン即興演奏の名手としても知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルーンス
ぶるーんす
Nikolaus Bruhns
(1665―1697)

ドイツ・バロックの作曲家、オルガン奏者、バイオリン奏者。シュレスウィヒ・ホルシュタイン地方の音楽一家の出身。父のパウル(1640―89)もトゥンダー門下のオルガン奏者だった。ニコラウスは11月か12月に、フーズム近郊のシュワープシュテットに生まれている。1681年リューベックに出された彼は、ナタナエル・シュニッテルバッハにバイオリンとビオラ・ダ・ガンバを、また聖マリア教会オルガン奏者として高名のブクステフーデに作曲とオルガンを学び、才能を認められた。コペンハーゲンでの活躍ののち、89年にはフーズム市教会オルガン奏者に就任し、97年3月29日、わずか31歳で没するまで終生そこで活躍した。作曲家・音楽理論家のマッテゾンは、上声部はバイオリン、下声部はオルガンの足鍵盤(けんばん)で演奏した、というブルーンスの名人芸ぶりをその著作のなかに伝えている。[樋口隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーンスの関連キーワードシュワーツシュテッフルフィンシュテックループシュートシュワーベ周期シュワシュワグレープシュワシュワサイダーシュワシュワメロンシュワシュワレモンロシュワールド

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブルーンスの関連情報