ブルー・モスク(英語表記)Blue Mosque

世界大百科事典 第2版の解説

ブルー・モスク【Blue Mosque】

イスタンブールにあるモスク。〈ブルー・モスク〉は通称で,正しくはアフメト1世のモスク(アフメディエ・ジャーミAhmediye Cami)。モスク内壁を飾る装飾タイルの基調が青色であるところからこう呼ばれる。シナンに次ぐ優れた建築家として知られる宮廷建築家セデフカル・メフメト・アガにより建造された。1609年に着工し17年に完成。オスマン・トルコの古典期建築を代表する。イスタンブールで最も高い地域にある古代競技場の南側に位置するために,遠方からでもその壮大なドームとミナレットを望むことができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブルー・モスクの言及

【タブリーズ】より

…建築遺構としては,1465∥66年にカラ・コユンル朝のジャハーン・シャーによって建てられたトルコ型のマスジェデ・カブードがまず挙げられる。これはユニークなプランと壁面を飾る青を基調としたモザイク・タイル(ここから〈ブルー・モスク〉の俗称が生まれた)で知られている。冬のモスクとして建造されたので規模は小さい。…

※「ブルー・モスク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android