コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレアモア岩 ブレアモアがん blairmorite

1件 の用語解説(ブレアモア岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ブレアモア岩

ナイトはブレアモア岩質の凝灰岩や角礫岩からブレアモア岩の存在を予測し,これをブレアモア岩と命名した[Knight : 1905].その後マッケンジーによって発見された[MacKenzie : 1914].非常に稀な斑状の火山岩で,3~4カ所しか産出が知られていない.斑晶は多量のアナルサイトがあるのが特徴で,サニディンも含まれる.石基はアナルサイト,アルカリ長石アルカリ輝石からなっている.アンドラダイトの一種でTiが比較的多いメラナイト石榴石(melanite)もしばしば存在する.アナルサイトと石榴石を両方とも斑晶として含む唯一の噴出岩である.化学組成はNaに富む響岩に相当する.カナダアルバータ州のブレアモア(Blaimore)に因む.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブレアモア岩の関連キーワード凝灰角礫岩泥質角礫岩凝灰岩質クラストポーフィロイドパラゴナイト凝灰岩微角礫凝灰岩ブレキシオールペペライトペペリノフラッフ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone