ブレイ(読み)ぶれい(英語表記)Paul Bley

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレイ(Paul Bley)
ぶれい
Paul Bley
(1932―2016)

カナダ生まれのジャズ・ピアノ奏者。モントリオールに生まれる。5歳でバイオリンを、9歳になるとピアノを習得、11歳でモントリオールのマックギル少年音楽院を卒業、翌年には早くも自己のトリオを率いホテルで演奏を行う。17歳のとき地元のライブ・スポット「アルバータ・ラウンジ」に、オスカー・ピーターソンの後を引き継いで出演し注目される。1950年アメリカに行き、ニューヨークのジュリアード音楽院で作曲と指揮を学ぶかたわら、多くのミュージシャンと共演する。とくにアルト・サックス奏者チャーリー・パーカーの演奏に感動し、1953年彼をモントリオールに招いて自ら主催するモントリオール・ジャズ・ワークショップで共演する。同年アメリカの永住権を獲得し、ベース奏者チャールズ・ミンガスに認められ、初リーダー作『イントロデューシング』をミンガスの設立したマイナー・レーベル「デビュー」に録音。1955年、西海岸に移動しトランペット奏者チェット・ベーカーのグループに加わる。このころ、作曲家志望のピアノ奏者カーラCarla Borg (Carla Bley)と知り合い、彼女から音楽的影響を受ける。1957年、西海岸でアルバム『ソレム・メディテーション』を吹き込むが、このアルバムで彼はカーラの曲を演奏している。同年2人は結婚し、カーラの影響もあって前衛的な傾向を強めたポールは、1958年フリー・ジャズの創始者といわれたアルト・サックス奏者オーネット・コールマンと共演し、アルバム『ザ・ファビュラス・ポール・ブレイ・クインテット』を録音する。1959年ニューヨークに戻り、実験的アレンジで知られるジョージ・ラッセルGeorge Russell(1923―2009)やミンガスらと共演。1964年先鋭的なミュージシャンたちによる連続演奏のイベント「ジャズの10月革命」に参加し、この運動から生まれた組織「ジャズ・コンポーザーズ・ギルド」に加わる。この組織は短期間で解散したが、ブレイは妻のカーラとトランペット奏者マイケル・マントラーMichael Mantler(1943― )が設立したミュージシャンの組織「ジャズ・コンポーザーズ・オーケストラ・アソシエーション」(略称J. C. O. A. )に加わり、アルバム『コミュニケーション』(1965)に参加。このころカーラと離婚し、ベース奏者ゲーリー・ピーコックGary Peacock(1935― )の夫人であったアネット・ピーコックAnnette Peacock(1941― )と再婚、彼女の作曲した作品を取り上げるようになる。1969年、アネットとともにエレクトリック・ピアノ、シンセサイザーを演奏するグループ「ザ・ブレイ/ピーコック・シンセサイザー・ショー」を結成。1975年、自己のプロダクション「インプロビゼーション・アーチスツ・インク」(IAI)を設立。そのほかの代表作に『ブラッド』(1966)、『アローン・アゲイン』(1974)がある。彼のピアノ奏法は初期こそバド・パウエルの影響がみられたが、後に官能的美意識に満ちた独自の世界を構築していった。その過程において、カーラ、アネットといった才能溢れた女性作曲家たちが深く介在している。[後藤雅洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android