コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレシコ・ブレシコフスカヤ Ekaterina Konstantinovna Breshko‐Breshkovskaya

世界大百科事典 第2版の解説

ブレシコ・ブレシコフスカヤ【Ekaterina Konstantinovna Breshko‐Breshkovskaya】

1844‐1934
ロシアの女性革命家,エス・エル党創立者の一人。チェルニゴフ県のポーランド系貴族の娘。自由主義者の夫と別れて,1874年〈人民の中へ〉運動に参加,同年逮捕されて96年までシベリアで投獄・流刑生活を送った。釈放後ゲルシューニとともにエス・エル党結成のために活動し,1902年結党された同党中央委員となった。07年再び逮捕され,シベリアへ送られた。17年にはエス・エル党右派に属し,十月革命に反対した。19年反ボリシェビキ政権の樹立をめざすウファ国家会議に出席したが,そこで成立した全ロシア臨時政府がクーデタによってコルチャークに握られたため,そこにいられず日本を経てアメリカへ亡命した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブレシコ・ブレシコフスカヤの関連キーワードエス・エル党サビンコフ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android