コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレシコ・ブレシコフスカヤ Ekaterina Konstantinovna Breshko‐Breshkovskaya

1件 の用語解説(ブレシコ・ブレシコフスカヤの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブレシコ・ブレシコフスカヤ【Ekaterina Konstantinovna Breshko‐Breshkovskaya】

1844‐1934
ロシアの女性革命家,エス・エル党創立者の一人。チェルニゴフ県のポーランド系貴族の娘。自由主義者の夫と別れて,1874年〈人民の中へ〉運動に参加,同年逮捕されて96年までシベリアで投獄・流刑生活を送った。釈放後ゲルシューニとともにエス・エル党結成のために活動し,1902年結党された同党中央委員となった。07年再び逮捕され,シベリアへ送られた。17年にはエス・エル党右派に属し,十月革命に反対した。19年反ボリシェビキ政権の樹立をめざすウファ国家会議に出席したが,そこで成立した全ロシア臨時政府クーデタによってコルチャークに握られたため,そこにいられず日本を経てアメリカへ亡命した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブレシコ・ブレシコフスカヤの関連キーワードサビンコフマルトフラッセル革命家虚無党小ロシア白系ロシア人白色革命家労農ロシアロシアの恋人

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone