ブレシコ・ブレシコフスカヤ(英語表記)Ekaterina Konstantinovna Breshko‐Breshkovskaya

世界大百科事典 第2版の解説

ブレシコ・ブレシコフスカヤ【Ekaterina Konstantinovna Breshko‐Breshkovskaya】

1844‐1934
ロシアの女性革命家,エス・エル党創立者の一人。チェルニゴフ県のポーランド系貴族の娘。自由主義者の夫と別れて,1874年〈人民の中へ〉運動に参加,同年逮捕されて96年までシベリア投獄・流刑生活を送った。釈放後ゲルシューニとともにエス・エル党結成のために活動し,1902年結党された同党中央委員となった。07年再び逮捕され,シベリアへ送られた。17年にはエス・エル党右派に属し,十月革命に反対した。19年反ボリシェビキ政権の樹立をめざすウファ国家会議に出席したが,そこで成立した全ロシア臨時政府がクーデタによってコルチャークに握られたため,そこにいられず日本を経てアメリカへ亡命した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android