コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレズダン Rodolphe Bresdin

世界大百科事典 第2版の解説

ブレズダン【Rodolphe Bresdin】

1822‐85
フランスの画家,版画家。1839年から独学で版画を始め,49年以降,南西フランス,パリ,カナダと放浪するうちに約60点の腐食銅版画石版画を制作。彼の作品には,稚拙なデッサンながら,幻視者の眼による微小宇宙が構築されている。異常なまでの細部への執着,樹木の枝葉下草と小動物と沼がつくる暗い混沌への情熱が全作品を貫き,力を付与している。彼の芸術は一般には無視されたが,そのロマン派的な,死と夢と絶望の主題により,ボードレールユゴーなどに支持された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブレズダンの関連キーワードルドン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android