コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレズダン Rodolphe Bresdin

1件 の用語解説(ブレズダンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブレズダン【Rodolphe Bresdin】

1822‐85
フランスの画家,版画家。1839年から独学で版画を始め,49年以降,南西フランス,パリ,カナダと放浪するうちに約60点の腐食銅版画,石版画を制作。彼の作品には,稚拙なデッサンながら,幻視者の眼による微小宇宙が構築されている。異常なまでの細部への執着,樹木の枝葉と下草と小動物と沼がつくる暗い混沌への情熱が全作品を貫き,力を付与している。彼の芸術は一般には無視されたが,そのロマン派的な,死と夢と絶望の主題により,ボードレール,ユゴーなどに支持された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブレズダンの関連キーワード柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロブラガンサ朝藩学一覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone