ブレッソン(読み)ぶれっそん(英語表記)Robert Bresson

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレッソン(Robert Bresson)
ぶれっそん
Robert Bresson
(1901―1999)

フランスの映画監督。フランス中部のピュイ・ド・ドーム県ブロモン・ラモット生まれ。最初は画家を志すが、1934年に短編『公共問題』を初監督、ルネ・クレールらの作品に脚本などで協力したが、第二次世界大戦でドイツ軍の捕虜となり、1年以上の収容所生活を送る。帰国後、長編第一作『罪の天使たち』(1943)と『ブーローニュの森の貴婦人たち』(1945)を発表して注目を浴び、さらに『田舎(いなか)司祭の日記』(1950)で若い司祭の内面的苦悩を透徹したスタイルで描いて、世界に名を知らしめる。その後、贖罪(しょくざい)といった人間の根源的宇宙を描きながら、職業俳優の排除、抑制された感情表現、選び抜かれた映像と音の調和など、そのスタイルを世界に類のないほど厳格なものにしていき、自分の映画を演劇的な影響の強い他の映画と区別してシネマトグラフと定義するまでになる。『抵抗(レジスタンス) 死刑囚の手記より』(1956)、『スリ』(1959)、『少女ムシェット』(1967)、『やさしい女』(1969)、『白夜』(1971)、『ラルジャン』(1983)など、生涯で14作品と寡作ながら高い評価を受け、その多くが国内外の映画祭で受賞している。[村山匡一郎]

資料 監督作品一覧

公共問題 Les affaires publiques(1934)
罪の天使たち Les anges du pch(1943)
ブローニュの森の貴婦人たち Les dames du Bois de Boulogne(1944)
田舎司祭の日記 Journal d'un cur de campagne(1951)
抵抗 死刑囚の手記より  Un condamn mort s'est chapp ou le vent souffle o il veut(1956)
スリ Pickpocket(1959)
ジャンヌ・ダルク裁判 Procs de Jeanne d'Arc(1962)
バルタザールどこへ行く Au hasard Balthazar(1964)
少女ムシェット Mouchette(1967)
やさしい女 Une femme douce(1969)
白夜 Quatre nuits d'un rveur(1971)
湖のランスロ Lancelot du Lac(1974)
たぶん悪魔が Le diable probablement(1977)
ラルジャン L'argent(1983)
『ポール・シュレイダー著、山本喜久男訳『聖なる映画 小津・ブレッソン・ドライヤー』(1981・フィルムアート社) ▽ロベール・ブレッソン著、松浦寿輝訳『シネマトグラフ覚書』(1987・筑摩書房) ▽浅沼圭司著『ロベール・ブレッソン研究』(1999・水声社) ▽『ロベール・ブレッソンの映画』(1999・財団法人東京国際映像文化振興会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブレッソンの関連情報