コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレッヘン ブレッヘンBlechen, Karl

1件 の用語解説(ブレッヘンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレッヘン
ブレッヘン
Blechen, Karl

[生]1798.7.29. コトブス
[没]1840.7.23. ベルリン
ドイツの画家,版画家。 C.フリードリヒの影響を受け,ロマン主義的な風景画を描いた。 1828~29年イタリア旅行後,31年ベルリン・アカデミーの風景画教授。「森の中の修道院跡」「雷閃」など,中世末期のとりわけ暗い題材を好んで描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブレッヘンの関連キーワード目黒道琢オファイトアラブ文学ゴヤ(年譜)天理教(てんりきょう)飯田忠彦うひ山ぶみ海保漁村学問所勤番ガルバーニ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone