コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレッヘン Blechen, Karl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレッヘン
Blechen, Karl

[生]1798.7.29. コトブス
[没]1840.7.23. ベルリン
ドイツの画家,版画家。 C.フリードリヒの影響を受け,ロマン主義的な風景画を描いた。 1828~29年イタリア旅行後,31年ベルリン・アカデミーの風景画教授。「森の中の修道院跡」「雷閃」など,中世末期のとりわけ暗い題材を好んで描いた。主要作品『テルニの公園にて』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブレッヘンの関連キーワードヘルウェティア共和国ゴルチャコフフェリス目黒道琢オファイトアラブ文学ケンタッキー・バージニア決議アイルランド反乱アイルランド問題コールリッジ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android