コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレンナー[峠] ブレンナー

百科事典マイペディアの解説

ブレンナー[峠]【ブレンナー】

アルプス東部,オーストリアとイタリアの国境にあり,イン川,アディジェ川の谷を結ぶ。標高1370m。古くから南北交通の要路で,1867年には鉄道開通。第2次大戦中,ヒトラーとムッソリーニの会談が3回行われた。
→関連項目チロル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブレンナー[峠]【Brenner Pass】

アルプス東部,オーストリアとイタリアとの国境に位置し,イン川とアディジェ川の谷を結ぶ。標高1370m。紀元前から南北交通の要路。チロル州に属していたが,第1次大戦の結果,1919年にこの峠を通る国境線が確定した。ブレンナー街道と1867年開通のブレンナー鉄道が,インスブルックとボルツァーノ間を結ぶ。高速自動車道も1974年に完成。第2次大戦中,ヒトラーとムッソリーニの会談が3回行われた。【木村 豊】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のブレンナー[峠]の言及

【峠】より

… 内外の著名な峠は,いずれも歴史的な意味をもつか眺望にすぐれているかであり,人文活動と山との目だった接点ともいえる。パキスタンとアフガニスタンの間のハイバル峠(1027m)はインドへの軍隊の通過点として古くから名高く,ブレンナー峠(1370m)はイタリア・オーストリア国境にあり第2次大戦中ドイツ,イタリアの首脳会談の場所ともなった。 峠となる山稜上の鞍部の地形的成因は一定していない。…

※「ブレンナー[峠]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報