コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロッケン[山] ブロッケン

百科事典マイペディアの解説

ブロッケン[山]【ブロッケン】

ドイツ中部,ハルツ山地の最高峰。標高1142m。気象観測所のある山頂まで登山鉄道が通じる。ブロッケンの妖怪と呼ばれる気象現象で知られる。また,ワルプルギスの夜(4月30日の夜),魔女たちがほうきに乗って集まるという言い伝えもある。
→関連項目グローリー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブロッケン[山]【Brocken】

ドイツ中央部に位置するハルツ山地の最高峰。標高1142m。頂上からの眺望はすばらしい。古生層を貫く花コウ岩よりなる。北海からの北西風に直接さらされて年間降水量が1600~1700mmと多く,またそれらが地下に浸透しにくいため,平坦な高原上には広大な湿原が生じ,低地の都市の水源となっている。古来多くの民話の舞台となっており,ブロッケン妖怪(頂上で太陽を背に立つ人や物の影が前方の霧の壁に巨大な女や妖怪の姿のように映って見える現象)で知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブロッケン[山]の言及

【ワルプルギスの夜】より

…ドイツの民間伝承で五月祭(5月1日)の前夜をいう。この夜,魔女たちの集会(サバト)がハルツ山地の最高峰ブロッケン山で開かれ,魔王を囲んでの乱痴気騒ぎが繰り広げられるとされ,とくにゲーテ《ファウスト》における描写で有名である。その名は,ボニファティウスのドイツ伝道に従ったイングランドの修道女ワルブルガWalburga(?‐780ころ)に由来する。…

※「ブロッケン[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android