コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロッホライン Bloch line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブロッホライン
Bloch line

薄膜磁性体中に現れる磁壁の一種。バルクの強磁性体に現れるブロッホ磁壁の磁壁エネルギー密度は,膜厚減少とともに増加するが,ネール磁壁では逆に減少する。したがって薄い膜ではネール磁壁,より厚い膜ではブロッホ磁壁が安定的な構造となる。この中間の厚さでは枕木磁壁が安定的であるとされている。この構造ではブロッホ型とネール型の磁壁が混在しており,試料表面には異なる磁極が周期的に現れる。これはネール磁壁の中のミクロなブロッホ磁壁とも考えられるので,ブロッホラインと呼ばれている。ガーネット膜で観測されている異常バブルの磁壁構造にも現れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブロッホ‐ライン(Bloch line)

磁性体単結晶により薄膜を作るとき生ずる細かい磁化のよじれ。高密度の記憶媒体として使われる。米国の物理学者ブロッホの名にちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android